ジェイゾロフトとロキソニンは一緒に飲んでも平気?

ジェイゾロフトとロキソニンは服用しても平気なの?

答えから言ってしまうと、ジェイゾロフトとロキソニンはあまりよくない飲み合わせになっています。どうして飲み合わせがよくないのか。そして、ジェイゾロフトとロキソニンがそれぞれどんな薬なのかも説明していきます。

 

巷には数多くの医薬品が出回っていますが、そのどれも飲み合わせ相性はチェックしなければなりません。その中でジェイゾロフトとロキソニンはあまり飲み合わせがよくありません。なぜよくないのかの理由をこれから考えていきましょう。

 

飲み合わせがよくない場合の多くは、それぞれの薬品の効き目が似ていたり、作用機序(薬の仕組み)が一緒というパターンです。

 

わかりやすい組み合わせとしては、睡眠薬を二種類併用する場合です。最大服用量が5mgの睡眠薬AとBがあってとします。「別の薬だし、5mgずつ飲んでも平気」というのは正しい考え方でしょうか? こんな飲み方をすれば睡眠薬Aを倍の10mg飲んでしまうのとほとんど一緒です。2倍飲めば効き目は強くなるかもしれませんが、副作用もとても大きいものになります。

 

じゃあ、ジェイゾロフトとロキソニンは同じ効果だから相性がよくないの? と考える方もいることでしょう。もしも、そうだったらもちろん相性は悪くなります。この先では実際にそれぞれの薬品がどんな効果・作用機序を持っているかチェックしましょう。

 

ジェイゾロフトの効果・作用機序


ジェイゾロフトはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)と呼ばれる抗うつ剤の一種です。

 

脳内のセロトニン濃度が下がるとやる気や行動力は少なくなり「うつ」になりやすくなります。ジェイゾロフトはセロトニン受容体と呼ばれる器官に影響することで、分泌されたセロトニンの再取り込みを邪魔します。取り込まれないということはつまり脳内に留まるセロトニンの量が多くなるため、セロトニン濃度は上がります。それにより抗うつ効果をえることができるのです。

 

ジェイゾロフトは脳内のセロトニン濃度を上げてうつに対抗します。

 

ロキソニンの効果・作用機序


ロキソニンは非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)です。

 

怪我をすると、痛みや炎症の原因物質である「プロスタグランジン」が生産されます。これにより脳では「怪我をした場所で痛みを感じる」という判断がされます。ロキソニンはこの「プロスタグランジン」の生産を減らします。痛みの原因物質が減れば痛みも軽くなるということになります。

 

ロキソニンは痛みの原因物質を減らすことで、痛みを軽減します。

 

 

 

ジェイゾロフトは脳内のセロトニンの量を増やしてうつに対抗する。ロキソニンは患部に働きかけて痛みの原因物質を減らす。というように、これらの薬品は効果も作用機序も全く別物ということがわかりました。

 

ジェイゾロフトとロキソニンは相互に影響を与えない

これまでに説明したように、ジェイゾロフトとロキソニンは効果も作用機序も関連性がありません。この時点では飲み合わせが悪くなる理由がありません。

 

ですが、薬は組み合わせ次第で、作用機序や効果が同じでなくとも双方の効果に影響を与えるパターンがあります。

 

AとBを併用するとAの効果が上がる
AとBを併用するとAの効果が下がる

 

それぞれの効果が一見関係ないように見えても、各々の効き目を変えてしまう場合があります。しかし、ジェイゾロフトとロキソニンではこのようなことはありません。現実に使用されている方達からも、こういった報告は上がっていません。

 

ジェイゾロフトとロキソニンは併用しても大丈夫なの?

ここまでで、ジェイゾロフトとロキソニンの組み合わせは効果や作用機序が同じわけでもない、相互に効果に影響を与えるわけでもないと説明してきました。「それなら、やっぱり飲み合わせはいいんじゃないの?」と考える方もいるかもしれません。ですが、実は注意しなければならないことがあります。それは、副作用です。

 

最初に、ロキソニンには服用すると血液がさらさらになるという副作用があります。これだけ見れば、むしろいいことのようにも見えます。

 

しかし、ジェイゾロフトの出血しやすくなるという副作用と併せるとどうでしょうか?

 

どちらの副作用も症状の大きさ自体はそれほどではない為に、単独の使用であれば治療のためには目をつぶれる規模のものです。

 

ですが、ロキソニンの副作用で血がさらさらになっている状態に加えてジェイゾロフトの副作用の出血しやすくなる副作用が重なると問題は大きくなります。ちょっとした怪我で大量出血してしまうかもしれません。

 

これを回避する方法はないのでしょうか?

 

回避方法

実はこれら二つの薬品は「併用注意」という指定をされている組み合わせです。併用を禁止されているわけではないのですが、やはりあまり望ましい組み合わせではありませんので、気になるようであればどちらかの薬を変えるのがいいでしょう。

 

ですが、ジェイゾロフトもロキソニンも必要だから飲んでいるわけですから、簡単に切り替えるのも難しいでしょう。特にジェイゾロフトは抗うつ薬ですから、突然断薬したり、切り替えるのはやめておいた方がいいでしょう。

 

そこで、鎮痛剤をロキソニンからアセトアミノフェン系の鎮痛剤にすることをおすすめします。アセトアミノフェン系であれば血がさらさらになるという副作用はないですから、この件に関しては問題ないでしょう。薬局などで「アセトアミノフェン系鎮痛剤が欲しいのですが」と聞いてしまった方が自分で探すよりも間違えるリスクもないので安全でしょう。

 

ジェイゾロフトとロキソニンの飲み合わせについて病院で確認する


ここまでにジェイゾロフトとロキソニンの組み合わせは「併用注意」で絶対禁止ではないという説明をしてきました。しかし、薬は飲み方によって害になるか、健康になるかが大きく変わってくるものです。理屈では分かっていても、納得できないということはあるでしょう。使っていいのかダメなのか考えていて、無用なストレスを溜めてしまって仕方ありません。

 

そんなに気になるのであれば、一度かかりつけの医師に確認してしまいましょう。いつも診察してもらっている医師に「使っても大丈夫」「こういう条件なら使ってもいい」「使ってはダメ」とはっきり答えを出してもらえば悩みも消えるでしょう。もしも聞く場合は遠まわしな質問はせずに「ジェイゾロフトとロキソニンを併用してもいいですか?」とはストレートに質問しましょう。

 

ジェイゾロフトの詳細

ジェイゾロフトの概要としては選択的セロトニン取り込み阻害薬という部類の抗うつ薬です。

 

精神科のお薬は少しこわというイメージをお持ちの方もいると思います。確かに、昔に使われていたお薬に関しては副作用も強いものがありました。ジェイゾロフトは比較的新しい抗うつ薬で安全性が従来のお薬と比べて高いため非常によく処方されるようになっています。その分少し、作用が弱めであるという印象を持っている医師もいますが、効果は徐々に現れます。効果が弱すぎるということはありません。ですから、治療の最初に使いやすいお薬といえるでしょう。対象となる病気はうつ病のほかパニック障害、外傷後ストレス障害に効果があると健康保険で認められています。

 

効果はどちらかというと女性に多いといわれているのも特徴です。副作用については決して強いものは多くはありませんが、軽度のものは認められます。特に消化器症状である胃の不快感、気持ち悪いなどは出やすいですが、徐々に体が慣れてくると改善することが多いです。ほかには性的な機能の低下がみられることがあります。男性であれば勃起障害や射精困難、女性であれば生理不順などの症状です。このような症状が出た時には医師と相談し、そのまま続けるのか、あるいは別のお薬に変更するのかなどの判断を相談しながら消える必要があります。決して自分で勝手に判断しないようにしましょう。

 
http://www.jenwritesstuff.com/ http://www.reggaeprince.com/ http://memorabiliatravel.com/ http://hairstraightenerve.com/